すのこベッドでカビの発生を防止|材質の種類や選び方について

インテリア
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイズや材質と価格

寝室

夏というのは、蒸し暑い季節です。そのため、睡眠時に布団やマットレスに湿気が籠りやすくなってしまいます。布団やマットレスに湿気が籠ってしまうと、非常に寝苦しくなる他、カビの発生にも繋がってしまうでしょう。すのこベッドであれば、そういった問題は発生しません。日本に住む多くの人の中でも、夏場の間快適に眠るために、すのこベッドの購入を考えている人が少なからずいるかと思います。しかし、新しく寝具を購入する時には、その価格が気になるものでしょう。すのこベッドの価格は、そのサイズや使用されている木材の種類によって異なります。
日本国内で販売されているすのこベッドの内、主流なサイズとされているのはシングルサイズとセミダブルサイズだと言われています。シングルサイズは一般的な一人用ベッドで、平均的な体格の人向けのものです。セミダブルサイズに関しても、ダブルと付いていますが一人で眠ることを目的として作られています。セミダブルサイズは、体格の大きな成人男性の方などに最適なサイズで、そういった方でも少し余裕をもって眠ることができるでしょう。価格については、シングルサイズよりもセミダブルサイズの方が高くなります。価格帯に関しても、約8千円から8万円の間で購入することができるでしょう。この価格の開きは、サイズだけでなく使用されている材質に大きく影響されています。すのこベッドに使用されている材質というのは、ヒノキやキリ、スギ、パイン材等です。