すのこベッドでカビの発生を防止|材質の種類や選び方について

部屋
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイズや材質と価格

寝室

すのこベッドのサイズというのは、シングルサイズとセミダブルサイズが主流といわれています。価格については、サイズが大きいものほど高くなるでしょう。また、価格に影響するのはサイズだけでなく、使用されている木材も関わってきます。

気持ちよく眠れるベッド

ベッド

夏場というのは、カビの発生し易い季節です。カビというのは植物の一種とされていますが、一般的な植物と異なり光合成を行うことはありません。そのため、別の方法で栄養を取らなければ生存することができないのです。その栄養というのは、皮膚やフケ、髪の毛等のタンパク質、皮脂等の脂質、埃、ゴミ、ダニの糞等といったものになります。また、水分も必要となるため、湿気のある場所を好むのです。それらの条件から考えて、カビにとって最適な環境というのは全ての人の生活の中に必ず存在し、ほぼ毎日使用されている「布団」です。布団にカビが発生するというのは、大変気持ち悪いことでしょう。すのこベッドであれば、カビの発生を心配する必要はありません。
すのこベッドというのは、文字通りすのこのベッドです。すのこベッドにおけるすのこは、木製の角材を板に打ち付けただけのシンプルな構造となっています。すのこはその構造として、打ち付けられた角材と角材の間に隙間が設けられます。その隙間によって、発生する湿気をベッド下へ逃がすことができるのです。また、湿度を逃がすと同時に涼しさを得ることもできるでしょう。すのこベッドに使用されている木の材質というのは、どれも湿度調整機能を備えています。つまり、湿気に強い材質であるということです。そのため、布団やマットレスなどにカビが発生する心配がなくなります。また、腰痛の方に最適な健康効果も得られるとも言われており、そのメリットは高いものとなっているのです。

使用されている木材

女性

すのこベッドを選ぶ際には、使用されている木材が重要なポイントとなります。すのこベッドに使用される木材の中でも、ヒノキやキリというのは非常に優れた材質と言われています。

すのこベッドで快適な眠り

ベッド

すのこベッドの寝心地というのは、敷布団によって決まります。すのこベッドに最適な敷布団というのは、厚めの敷布団です。それ以外であれば、敷布団の下にマットレスを敷くのも効果的でしょう。